飲食店 経営破綻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

タバコ

もはや、社内でタバコを吸える会社も少なくなり、外でも喫煙出来るスペースが限定されている。


俺は喫煙者だけど、タバコなんか無くなっても構わない。


無くなったら無くなったでいいし。


あるから吸ってるだけ。


そして、重度のニコチン中毒になっちゃっただけ。


喫煙者への締め付けは厳しくなり

タバコ=止めろ

が当たり前の世の中になった。


特に非喫煙者からは、タバコ自体、この世から無くなって欲しいと願っている。


逆にニコチン中毒者だって、いっその事タバコがこの世から消し去ってくれれば止められるのに、と思っている。


「悲しいですね。そうでも思わないと止められないんですね」


なんてYahooのコメントで、ほざいてるヤツがいたが


当たり前だ。止められない。だから思うんだよ。


もっと説得力のあるコメント書けないのかよ。


「いっぱい吸って早く死ね」


のコメントは結構シビれた。


意思もなくて結構。精神が弱くたって結構。


止めたら目の焦点合わないし、仕事は何やってるか分からないし、人生つまんないし。


ヘロイン同様の中毒症状が体をかけめぐっているわけさー!!


しかし


タバコは着々と課税されているのだが、本当にタバコを日本から消し去ってもいいのだろうか?


もしタバコがこの世からなくなったら、その税金2兆円は誰が賄うんだろう?

もちろん、国民。


ちょうど今、定額給付金で2兆円を使う。

子供、老人抜かして、一般の人は、1万2千円給付される予定。


ちょうど、タバコの税収くらいだ。


日本からタバコを消し去ると


大体、1万2千円の税金が喫煙者、非喫煙者関わらずのしかかってくるんでないだろうか?


おそらく、所得税、社会保険の直接税金には、かからない。


消費税なんかの間接税だと思う。タバコも間接税だし。


税金だけではない。生命保険料だって変わるだろう。


生命保険は、喫煙者と非喫煙者では、保険料が違う。


もちろん喫煙者の方が高いんだけど、この境目が無くなる。


非喫煙者と喫煙者の保険料の違いがなくなるから、必然的に喫煙者分の増料分が非喫煙者へ、のしかかる。


という、早口言葉のような現象になってしまうのだ。



タバコが1箱千円になったら、ニコレット買ってた方がいいんでない?


以前、ニコレットを食べていたら、以外とニコチン中毒が緩和されて


これでもいいかな?と思う。


ただ、結構高いんでタバコ吸ってるけど。


タバコが1箱千円になると、ニコレットなどの禁煙補助剤にシフトしていくだろう。


タバコとは、喫煙者へ中毒症状を与えるだけでなく、税収という中毒物質も潜んでいる。


これが、タバコ全面禁止が出来ない理由。



そして、一時的に税金が関係なくタバコのブラックマーケットは現れる。


タバコが規制されるという事は、麻薬指定になると思うし、タバコを吸うと薬物犯罪者となってしまう。


ヒロポンと同様、突然、麻薬指定になる日。


そして


ニコチン中毒者から麻薬中毒者と呼ばれる・・・・
スポンサーサイト


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

サックスフォン

Author:サックスフォン
カネや不正、ロクでもない人間達の体験記録。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。