飲食店 経営破綻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

経営危機15 架空業者

前回の話の続き↓
http://eastbound38.blog50.fc2.com/blog-entry-45.html


数日後、社長へ店の報告


三芳部長 「とりあえずですね、肉じゃがは酷かったです。」


社長 「肉じゃがはどうでもいいが、在庫はどうなったんだ?」


三芳部長 「どうでも・・・・」


三芳部長 「えっと、ほぼ確定でしょう。架空してますね。」


社長 「じゃあ、落としてくれ」


三芳部長 「はい」


この落とすっていうのは、潰してくれという意味。板長を潰せという事。
うちの会社独特の言い回しかもしれない(他でも言うのかな?)





うちには、食材部門というものが存在する。

本来ならそこで、食材購入や原価管理を決めたりするのだが

全く機能していない。



なのに、食材部門の人数は6人と大変恵まれている。

ノロウィルスに気をつけて下さいだの、調理をする前には必ず手を洗ってくださいだのと通達を流すだけ。

保健所かよ。



食材部門に頼んで前回食べに行った店の請求書を見せてもらった。


飛騨牛の請求書を三芳部長に見せる。


塚田食肉店。電話番号と住所が書いてある。


三芳部長 「ふーむ。ここの住所に行くぞ。そんな遠くない。」


部長と塚田食肉店に向う事になった。



近くの駐車場に車を止めて歩くが、風俗店ばっかり。



俺 「こんな所に食肉店なんてあるのかなぁ」


三芳部長 「ある意味、肉林だよな」


ようやく、住所のところにたどり着いた。


モッコリータ

















モッコリータ!!??


俺 「モッコリータになってますよ?食肉店の名前」


三芳部長 「ヘルスだな」


もう、決定じゃん。この架空請求書。
スポンサーサイト


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

サックスフォン

Author:サックスフォン
カネや不正、ロクでもない人間達の体験記録。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。