飲食店 経営破綻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

失踪者6 謎の客 弟17話

前回の続き

係長とバブルから不況の話をしていた時、事務員が出勤してきた。


事務員 「おはようござ・・・あっどうしたんですか?」

係長 「アキちゃん久しぶり。実はな・・」


事務員 「そうだったんですか・・・先日、突然店長が来なくなって店は大変だったんですよ」


係長 「そんで、聞きたい事があるんだけど、売掛の台帳管理はアキちゃんがしてるよね?」


事務員 「ええ、私がしてます。」


係長 「その中で、東和物産っていう客があるんだけど?」


事務員 「あ、それだけは店長がやってたんです。全然その辺はマメじゃないのに、東和の管理だけはしてました」


係長 「この客は実際にいるのかな?」


事務員 「・・・さぁどうでしょう?私はやり取りした事ありませんし・・・」


その後、不可解な事を言った。


事務員 「普通、売掛の回収って振込みか、お客さんが直接、お金を持ってきますよね。だけど、東和物産だけは、店長が直接お金を入れてました。」


係長 「なるほど」


事務員 「通常、前月分の売掛は、まとまって次の月に入金されるんです。ですが東和物産だけは、まとまった金額じゃなく少ない金額の回収が多かったんです」


事務員 「それに、東和物産に関しては、直接連絡する前に店長に報告しなければいけなかったんです。店長は「お得意先だから、俺が全部対応する」って言ってました。」


怪しすぎる・・・


係長 「ありがとう。そんじゃ俺らは本社に戻るよ。」


事務員 「はい、お疲れ様でした。あれ?隣の方は新しく入った方ですか?」


係長 「ああ、そうだサックスフォンっていって、不幸にもこの会社に入ったんだよ。」


ふ・ふこうかよ・・・


事務所 「あははは、それは不幸ですねぇ~ケラケラ」


この一言で不幸な事が確定した。


俺と係長は店を後にして本社に戻った。


ここから壮絶なやり取りが始まる。


スポンサーサイト


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

Trackback

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Comment

プロフィール

サックスフォン

Author:サックスフォン
カネや不正、ロクでもない人間達の体験記録。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。