FC2ブログ
飲食店 経営破綻

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

経営危機15 架空業者

前回の話の続き↓
http://eastbound38.blog50.fc2.com/blog-entry-45.html


数日後、社長へ店の報告


三芳部長 「とりあえずですね、肉じゃがは酷かったです。」


社長 「肉じゃがはどうでもいいが、在庫はどうなったんだ?」


三芳部長 「どうでも・・・・」


三芳部長 「えっと、ほぼ確定でしょう。架空してますね。」


社長 「じゃあ、落としてくれ」


三芳部長 「はい」


この落とすっていうのは、潰してくれという意味。板長を潰せという事。
うちの会社独特の言い回しかもしれない(他でも言うのかな?)





うちには、食材部門というものが存在する。

本来ならそこで、食材購入や原価管理を決めたりするのだが

全く機能していない。



なのに、食材部門の人数は6人と大変恵まれている。

ノロウィルスに気をつけて下さいだの、調理をする前には必ず手を洗ってくださいだのと通達を流すだけ。

保健所かよ。



食材部門に頼んで前回食べに行った店の請求書を見せてもらった。


飛騨牛の請求書を三芳部長に見せる。


塚田食肉店。電話番号と住所が書いてある。


三芳部長 「ふーむ。ここの住所に行くぞ。そんな遠くない。」


部長と塚田食肉店に向う事になった。



近くの駐車場に車を止めて歩くが、風俗店ばっかり。



俺 「こんな所に食肉店なんてあるのかなぁ」


三芳部長 「ある意味、肉林だよな」


ようやく、住所のところにたどり着いた。


モッコリータ

















モッコリータ!!??


俺 「モッコリータになってますよ?食肉店の名前」


三芳部長 「ヘルスだな」


もう、決定じゃん。この架空請求書。
スポンサーサイト


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

経営危機14 点火 弟38話

口直しに近くの中華屋に行く事にした。


部長 「あ、ちとコンビニ寄るわ。切手買わないと」


コンビニに寄る


部長 「あーっと80円切手2枚」


店員 「・・・・・・・」 ピリピリピリ


なんだよ。この女性店員、返事くらいしろよ。


店員 「160円です」



部長 「あとタバコ。マルボロライトね」



2度手間なんだか、面倒くさいんだか、部長を睨みつけダルそうにタバコを取る。


バン!


店員 「はい。タバコ」


清算後、お釣りを投げ捨てるように部長に渡す。






部長 「ブッ殺すぞ!」



げっ!


部長 「テメー!!コノヤロウ!トリみたいなツラしやがって!」



浅利 「ぶ・部長、マズいですって!」



小銭を店員めがけて投げつける。



係長 「ちょちょちょ!部長行きましょう!」




部長 「オイ!店長呼んで来い!!」


店員 「は・・えええ・・・」



部長 「テンチョー!ヨンデキョーイ!!!」



店員は鳴きまくってしまい、店長はいなかったんで、ベテランのバイト君が出てきた。


バイト君 「あ!な!どうしたんでしょうか!?」


部長 「おいおいおいおい!このクソ店員にどんな教育してんだよ!!??」


部長 「どんな事があろうと、臨機応変に接するのがオメーラの得意技だろうが!!」


バイト君 「ス!スイマセン!」


部長 「こんなやつコンビニに生息させちゃイカンだろーがぁぁぁぁ!!!」



部長 「いいか!?この300円のタバコ1箱がテメーの時給の半分しめてんだよ!有り難いと思え!そのカネでオメーらはアホみたいな会話している携帯電話料金払ってんだゾ!」


部長 「死ね!オメーみたいのは死ね!」



まあそんなゴタゴタがあったもんで、多分、肉じゃがのせいだと思うけどね。


その店員は、すっかり怯えてしまってレジカウンターの前に座り込んじゃうし、周りにいた客なんか、ヤクザが脅しに来たとか思っちゃって警察に電話かなんかしちゃってカオス状態。


それ見た部長は


「オイ、立ち去るぞ」


とか冷静になって、コンビニを後にした。


しかし、この部長、沸点早いなぁ。

 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

経営危機13 弟37話

怒りが頂点に達しまくった部長


三芳部長 「まったくよぉ。架空在庫以前の問題だろ。」



板長のチラシのプロフィール

鮮度のいい食材には、味付けのバリエーションを増やしても意味はありません。
せっかく心を込めて作られた食材に失礼です。
ボクは、素材の味はそのままに、少しだけ手を加えてお客さまに料理を提供します。



なるほど、あながちウソじゃない。



そんで、いよいよ俺が頼んだ牛丼が出てきた。


いただきまーす。


ガツガツ口に放り込む。


しょっぺー!!


味噌味かよ!!



部長達も食べる


浅利 「ぐっ!!!イタッ!」


しょっぱくてイタいらしい。


係長 「肉がギチギチしてる・・・」



部長 「板長!これ何の牛だよ!!??」


板長 「マトンです」


牛じゃねーのか!



部長 「もういい・・・出よう」




もう、何だかんだで酒しか飲んでないよ。

 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

経営危機12 弟36話

店員 「おまちどうさま。肉じゃがです」



最初に出された料理は肉じゃがだった。


・・・・って





ジャガイモの色しろっ!!



見事に味が染みていない、真っ白なジャガイモが出てきた。


三芳部長 「いや、これは多分染みてないようで、ちゃんと味がするように出来てるんだよ」


部長がハシでジャガイモを割る。


三好部長 「ぐぐ!!このジャガイモ硬いな!!」



部長!ハシ沿ってますって!!


ポリーン!


ジャガイモが割れた


係長 「い・いまジャガイモがポリーンって音鳴りましたけど・・?」


これ味が染みてるとかじゃなくて、煮えてないんじゃん。


三芳部長 「あ、味がいいんだよ!味が!



部長がジャガイモを口に入れる



斜め下を見ながら口を動かす。


動きが止まった。


今度は斜め上を見ながら口を動かす。


また動きが止まった。







部長がお怒りになられた。






やっぱり煮えてなかったようである。


三芳部長 「おい!なんだよ!このジャガイモはぁぁぁぁぁ!調理師免許持ってんのかよ!!!!」


係長 「ぶ!部長!おちついて!!」




三芳部長 「ウガー!!!」




俺の頼んだ牛丼に不安を覚える


 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

経営危機10 弟34話

という訳で、三好部長と係長、後、部長が管轄している店の女性従業員と俺で
店に食べに行った。



三芳部長 「普通に飲んで食っていいぞ」


店構えは、座敷が2つ テーブル席が4つ カウンターが8つの小規模な和風の店

カウンターはダイニング式になっている。


三好部長 「おっす板長!客で来てやったぞ」


板長 「おっ部長」


三好部長 「どうだ?最近」


板長 「いやー!毎日忙しくて働く人も少なくて大変っスよ!」


店を見渡すと夜7時過ぎなのに、店内はガラガラ。

やつれたオッサン1人と、無言で食べ続けるカップルだけ。

忙しいとは思えない。


人が足りて最高です! というのを聞いた事がない。

自分の職場の環境が変わると、それに合わせて能力キャパも変化する。

なので、人が足りるという実感を得る事は一生ない。


俺達はテーブル席に座った。


係長 「あれ・・・?」

俺 「どうしたんですか?」

係長 「家庭用冷蔵庫になってる・・・」

三好部長 「ほんとだ・・業務用冷蔵庫ないのかよ。」


係長 「いえ、前は業務用冷蔵庫ありましたよ。」

ダイニングキッチンに1個、後ろの焼き場に1個
2つとも家庭用冷蔵庫だ。しかも2段式。


三好部長 「なんだ板長、家庭用冷蔵庫で大丈夫なのか?」


板長 「あー、前は業務用冷蔵庫あったんですけどね、壊れて買い替えようと思ったらエラく高いんで、家庭用にしたんすよ。業務用1個分で家庭用2~3台買えますからね。ウチくらいの規模だと家庭用でもいいんでさぁ」


確かに業務用冷蔵庫というのは高い。

家庭用みたいに、冷蔵庫・冷凍庫は一体型ではないので、別々に購入しなければならない。

業務用一体型もあるが、100万前後する。



三好部長 「そうかぁ。このご時世だしなぁ。大変だな。今日は美味いもん頂くよ」


板長 「へい。ごゆっくりどうぞ」


部長が席に戻り、俺らにボソボソ喋り始めた。


三好部長 「あの家庭用冷蔵庫に、どうやってこの食材在庫入れてんだ?」


確かに・・・・


店の在庫表は、牛肉45kg 豚肉8kg 魚,はマグロ10kg その他魚数十匹 野菜も大根など20種類以上


これをあの2段式家庭用冷蔵庫に入れている事になる。


どうみても入らない。


というより、牛肉45kgってすげーな。


係長 「牛肉の仕入れ多いのに、メニューに牛肉の料理1個しかありませんね。」


浅利(女性店員) 「夜は飲み屋なのに、牛丼って・・・・」


俺 「飛騨牛の牛丼食いたいっす。」

 
   ↑          ↑
ランキングに参加しています。宜しければクリックお願いします。

プロフィール

サックスフォン

Author:サックスフォン
カネや不正、ロクでもない人間達の体験記録。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。